KINTOの法人利用のメリットは?法人審査の概要・甘さも解説!

KINTOを法人利用

トヨタの車サブスク「KINTO」

法人契約を検討中だけど、メリットやデメリットを知りたい!

零細法人でも審査通過できるのか?審査の難易度(甘さ)も徹底解剖します。

 

初めに結論を述べると

  • 法人利用では、他リース会社より断然安くメリット大
  • 零細法人でも、基本的に「審査は甘い」と言えるレベル(※1)

(※1:筆者見解、明確な理由も後述しています)

 

KINTOを法人契約で利用するメリット

一般のカーリースより断然安い

法人に限ったことではありませんが、ズバリKINTOは安いです。

一般のカーリースでトヨタ車の見積りを取り、金額をKINTOと比較すると、いかにKINTOがリーズナブルに設定されているかわかるでしょう。

 

それもそのはず、KINTOは「トヨタファイナンス株式会社」の資本が66.67%注入されています。

トヨタ自動車本体と極めて近い関係にあり、自社グループの車を取り扱うことから、KINTOには大きな価格メリットがあるわけです。

他リースとの価格比較は後述します。

利用料は全額経費(損金計上)にできる

KINTOの月額利用料は全額「損金計上」できます。

加えて、

  • 勘定科目が単純
  • 減価償却不要

複雑な経費処理が不要で、経費処理が楽だというメリットもあります。勘定科目は「リース料」とすれば良いです。

通常の購入であればは、「車両運搬具、車両費、租税公課、保険料」などに整理し、税区分も「課税or非課税」を選別する必要があります。

参考:車両運搬具の固定資産登録方法

 

また、リース契約であるため、車両は固定資産には算入されません。つまり、減価償却の経費処理などからも解放されます。

利用料が全額損金計上でき、経費処理も簡単!

特に、少数精鋭運営の法人企業にとっては、経費処理が容易というのは大きなメリットと言えるでしょう。

コスト把握が容易

KINTOで発生する費用は月額利用料だけ!

  • 自動車税
  • 重量税
  • 保険(自賠責・任意保険)
  • 車検費用
  • メンテ費用

上記費用は、全て月額利用料に含まれるため、いくら車両にお金がかかっているのか単純明快にわかります。

コストの見える化・容易に把握できる点も、法人運営上の大きなメリットの1つとなるでしょう。

頭金不要

車両購入の頭金や、購入諸経費が不要です。

車両に回す現預金を温存できるため、資金の有効活用が可能となり経営の安定化を図ることができます。

与信・信用棄損しない

車両を購入しローンを組んだ場合、法人の貸借対照表上では「負債」が増えます。

もちろん、資産の部も増えるのですが、通常、銀行評価としては「購入額未満の資産評価」となってしまいます。

 

つまり、車両を購入する場合は貸借対照表が悪化するのです。(※例外もあります)

 

一方、KINTOの場合、ローンではないので貸借対照表上の「負債」が増えることはありません。

リース料は債務ではないので、信用棄損せず、与信も傷つけないというメリットがあります。

フルカバーの車両保険付帯なので安心

KINTOを法人契約する場合、保険も万全なので安心できます。

  • 自賠責
  • 車両保険付きの任意保険

これらは、全てKINTOの利用料に含まれています。

任意保険には、フルカバータイプの車両保険もついており、万が一の事故の場合も安心です。(台車の手配も、もちろん可能)

 

運転対象者は「法人の役員、職員、役員職員の家族」とかなり幅広いです。

同じく、少人数経営の法人には大きなメリットと言えるでしょう。

もし、全損事故や盗難を起こした場合も、契約者の負担額は発生しないので安心!

全損事故または盗難の場合、リースカー車両費用保険特約を付帯しているため、リース規定損害金はKINTO付帯の自動車保険(任意保険)にてカバーされますのでお客様の負担は発生しません。KINTOのご契約は中途解約となりますが中途解約金は発生しません。

出典:KINTOよくある質問

 

KINTOを法人契約で利用するデメリット

月間走行距離を選べない

KINTOの場合、月間平均走行距離は1500kmと定められています。

(車両返却時に月間走行距離「平均」を算出 → 1ヶ月あたりの平均距離1500kmが上限走行距離となる。)

 

一方、通常のカーリースでは、1000kmや2000kmなど、契約時に法人ニーズに合った走行距離を選択することが可能です。

 

KINTOは1500km上限の「1プラン」しかないため、営業車として使い倒す場合には、デメリットの1つとして把握しておく必要があります。

ちなみに、走行距離をオーバーした分は車両返却時に清算となります。

  • トヨタ車:11円/km
  • レクサス車:22円/km

途中解約は違約金が発生する

車両を購入する場合、車が不要になった場合は売却すればそれで終わりです。

しかし、KINTOの場合は途中解約する際、解約金が必要となります。

 

KINTOの公式WEBサイトは、わかりにくいので、わかりやすく表にしました。

3年契約(36か月)の場合、経過期間別の解約金は以下の通りです。

出典:3年契約時(36か月)の中途解約金

例えば、18か月目で解約する場合、月額利用料の3か月分の解約金を支払う必要があります。

 

なお、中途解約金に関しては、KINTOでも一般のカーリースでも、いずれにせよ必要となります。

むしろ、KINTOは解約金が安く、デメリットではなく逆にメリットとも言えるかもしれません。

中古車は選べない

法人の場合、コスパに優れる「中古車」を選びたい方も多いのではないでしょうか?

 

しかし現状では、KINTOで中古車を選択することはできません。

(過去に実験的に、群馬トヨタU-park高崎江木店で取り扱った事例はありますが、現在は休止中)

 

どうしてもコスパ良好の中古車をお探しの法人企業にとっては、デメリットとなるでしょう。

選択できない車両やグレードあり

トヨタ車であれば、全車種KINTOで取り扱いがあるわけではありません。

 

例えば、法人需要の根強い

  • カローラアクシオ
  • カローラフィールダー
  • ハイエース

これらの車種はKINTOでは選択できません。

 

同じく、全てのグレードがKINTOでラインナップされているわけではありません。

車種選択やグレードの選択幅が限られるといった点も、1つのデメリットと言えるでしょう。

KINTO法人審査の流れと必要書類

続いて、法人契約時のKINTOの審査についてみてみましょう。

個人・法人問わず、総じて言えることは、KINTOの審査は甘め傾向にあるということです。

法人申し込みと審査の流れ

申し込み方法は、個人でKINTOを申し込む手順と同じ流れです。

  1. WEB上で必要事項入力し申し込み
  2. 申し込み後、確認メールが送付される
  3. 確認メールのURLを48h以内にクリックすることで申し込み完了

審査の流れも基本的に個人申し込みと同様で、

  1. 申し込み時に法人情報と、代表者の情報を入力
  2. 仮審査などはない
  3. 法人契約では5営業日以内に審査結果の連絡あり(メール)

法人審査における入力項目

特に審査に影響を与えると考えられる入力項目は以下の通りです。

【法人に関すること】

  • 設立年月日
  • 資本金
  • 年商
  • 自動車保有台数
  • 利用用途

【代表者(連帯保証人)に関すること】

  • 年収
  • 住居形態
  • 住居年数

法人審査に必要な書類

【法人審査に必要な書類】

  • 代表者(連帯保証人)の本人確認書類
  • 任意法人番号
  • 法人名義の口座または法人契約のクレジットカード

必要ではない書類】

  • 決算書
  • 履歴事項全部証明書

法人審査は甘い?難易度は?

KINTOは、法人審査も甘いと推測できます。

甘いと考えられる理由は、

  • 法人に対する提出書類が少ない
  • 代表者の属性入力項目が少ない

理由1:審査を受ける法人に対する提出書類が少ない

KINTOは提出書類が少ないです。(というか法人に関する提出必要書類は無い・・)

一般的に、カーリースで審査に関わる代表的な項目としては以下の通りです。

  • 会社規模
  • 事業内容
  • 設立年数
  • 負債額
  • 売り上げ推移etc

これらを確認するため、通常であれば「過去3年分の決算書」と「法人の履歴事項全部証明書」の提出が求められます。

しかしKINTOは提出不要。さらに、会社の負債額の入力項目もない。。

少なくとも、審査が厳しいというのは、かなり考えにくいでしょう。

理由2:代表者の収入などの属性入力項目が少ない

審査に関わりそうな入力項目は、年収と住居形態です。

入力項目が少ないのと同時に、証拠となる書類も「提出不要」です。

提出が必要なのは本人確認資料だけ。

法人の提出書類が少ないのと同様、代表者個人(連帯保証人)の提出書類も少ないのです。

>>KINTO公式サイトを見る

KINTOは高い?法人向き車種で他カーリースと価格比較

KINTOは高いと思われているかもしれませんが、実際全くそんなことはありません。

注意
一般のカーリースでは、法人向けプランは「へービーユーズ」が想定されているので、個人向けプランよりも価格が高く設定されているのです。

 

一方、KINTOは法人も個人も価格設定が全く同一で、法人契約としては「非常にリーズナブル」に設定されています。

法人需要の多い車種で、他リース会社とリース料金を比較してみましょう!

カローラ

  • グレード:ハイブリッドS 2WD 1800CC
  • オプション:最低限のマットとETCのみ
  • 月間走行距離:~1500km
  • 利用期間:3年
  • メンテプラン:あり

【価格比較結果】

KINTO 月額 55,440円
オリックスカーリース(法人) 月額 71,610円
カルモ 月額 78,793円

 


<KINTO>

55,440円

>>KINTOで価格を見る


<オリックス>

71,610円

>>オリックスで価格を見る


<カルモ>

78,793円

>>カルモで価格を見る

(↑「オリジナルプラン」からのシミュレーションが必要です)


法人利用の場合、圧倒的にKINTOが安いことがおわかりいただけるかと思います。

(特に、オリックスは法人リースが高い。。)

安い理由は、トヨタ資本が入っているから。本体に近いから。卸売りが安い原理と全く同じロジックです。

 

さらに忘れてはならないのが、オリックスやカルモには任意保険料が含まれていないこと。

つまり、さらに別途月額料金が掛かるということです。

一方のKINTOは、月額利用料に任意保険料が含まれており、さらに大きな価格メリットと言えます。

アルファード

同じく、実際にご自身で是非シミュレーションし、比較してみてください。

レクサス車

同じく、実際にご自身で是非シミュレーションし、比較してみてください。

KINTO法人契約と個人契約の違い

法人契約と個人契約の主な違いを以下に述べます。


保険

個人契約と法人契約の違いは、運転者の範囲。

  • 個人契約:契約者と契約者から許諾された人(例えば友人なども可能)
  • 法人契約:法人の役員、職員、役員職員の家族

参考:契約者以外は運転してはいけないでしょうか?

中途解約

  • 個人契約:契約者の死亡や海外転勤、免許返納時などは、中途解約金が掛からない
  • 法人契約:上記事象においては中途解約金を支払う必要がある

法人利用に関するQ&A

仮審査はある?

仮審査はありません。「申し込み=本審査」を意味します。

個人事業主の契約はどうなる?

個人事業主の場合「個人のお客さん」としての契約となります。

審査落ちしたら?

より審査が柔軟なカーリスに申し込むのが良いでしょう。コチラの内容が参考になるかと思います。

 

まとめ
  • トヨタ車であれば、KINTOが安い事実は揺るぎありません。
  • 理由は「トヨタ本家」の資本が入っているから。
  • 特に法人契約は、他リース会社に比べ価格が安い。

KINTO公式サイトを確認する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA